4列円すいころ軸受

円すいころ軸受



円すいころ軸受は、半径方向の力だけでなく軸方向の力もサポートできる転がり軸受です。



内輪と外輪のレースウェイは円錐のセグメントであり、ローラーはテーパー状になっているため、レースウェイの円錐面とローラー軸は、投影された場合、すべてベアリングの主軸上の共通点で交わります。この形状により、コーンの動きは同軸のままになり、レースウェイとローラーの外径の間でスライド運動は発生しません。



多くのアプリケーションでは、円すいころ軸受が背中合わせのペアで使用されるため、軸方向の力をどちらの方向にも等しくサポートできます。



円すいころ軸受のペアは、大きな垂直(ラジアル)および水平(軸)力に同時に対処する必要がある自動車および車両のホイールベアリングで使用されます。円すいころ軸受は、耐久性が要求される中速で頑丈な用途に一般的に使用されます。一般的な実世界のアプリケーションは、農業、建設および採掘設備、スポーツロボット戦闘、車軸システム、ギアボックス、エンジンモーターおよび減速機、プロペラシャフト、鉄道車軸ボックス、ディファレンシャル、風力タービンなどです。

今すぐお問い合わせを送信
お問い合わせ

電話:

86-15895327737

電話:

+86-510-88232720

WhatsApp:

86-15895327737

WeChat:

86-15895327737
お問い合わせを送ってください

無錫ロットン- 4列円すいころ軸受


4列円すいころ軸受は、2列の内輪と2列の外輪からなる1つの複列外輪で構成されています。 2つの内側リングの間に、1つの内側スペーサーがあります。これらの3つの外輪の中に、クリアランスを調整するために使用できる2つの中央スペースが用意されています。重いラジアル荷重がかかる場合、2つの異なる方向のアキシアル荷重を同時に受けることができます。しかし、その許容速度はそれほど大きくなく、主に圧延機に使用されます。 

近年、特に圧延機では、両面シール付きの4列円すいころ軸受が普及しています。 LOTTONは、密閉された4列円すいころ軸受でお客様に対応できます。 


4列円すいころ軸受の特徴 

4列ローラーに適切に割り当てられた負荷

2方向の高いラジアルおよびアキシアル負荷容量

取り付け、取り外し、検査、およびメンテナンスのための分離可能、高速かつ便利 


4列円すいころ軸受の応用 

それらは主に、ホットおよびコールドストリップ圧延機を含む圧延機に適用されます。 


IF YOU HAVE MORE QUESTIONS,WRITE TO US
Just tell us your requirements, we can do more than you can imagine.
名前
Eメール
コンテンツ

お問い合わせを送ってください