単列円すいころ軸受

円すいころ軸受



円すいころ軸受は、半径方向の力だけでなく軸方向の力もサポートできる転がり軸受です。



内輪と外輪のレースウェイは円錐のセグメントであり、ローラーはテーパー状になっているため、レースウェイの円錐面とローラー軸は、投影された場合、すべてベアリングの主軸上の共通点で交わります。この形状により、コーンの動きは同軸のままになり、レースウェイとローラーの外径の間でスライド運動は発生しません。



多くのアプリケーションでは、円すいころ軸受が背中合わせのペアで使用されるため、軸方向の力をどちらの方向にも等しくサポートできます。



円すいころ軸受のペアは、大きな垂直(ラジアル)および水平(軸)力に同時に対処する必要がある自動車および車両のホイールベアリングで使用されます。円すいころ軸受は、耐久性が要求される中速で頑丈な用途に一般的に使用されます。一般的な実世界のアプリケーションは、農業、建設および採掘設備、スポーツロボット戦闘、車軸システム、ギアボックス、エンジンモーターおよび減速機、プロペラシャフト、鉄道車軸ボックス、ディファレンシャル、風力タービンなどです。

今すぐお問い合わせを送信
お問い合わせ

電話:

86-15895327737

電話:

+86-510-88232720

WhatsApp:

86-15895327737

WeChat:

86-15895327737
お問い合わせを送ってください

WuxiLOTTON-単列円すいころ軸受


最も広く使用されている円すいころ軸受としての単列円すいころ軸受は、1つの外輪と1つの内輪ユニットで構成されています。内輪ユニットには、内輪1つ、円すいころ1群、ケージが含まれます。 


LOTTONの同じタイプの単列円すいころ軸受では、内輪と外輪の両方を他の内輪と外輪と交換できます。一般に、外輪レースウェイのテーパー角度は10°〜19°で、ローラーとレースウェイの接触角は直線的です。したがって、軸方向荷重と半径方向荷重の組み合わせ、および単一の軸方向荷重にも耐えることができます。テーパー角度が大きいほど、より大きな軸方向の耐荷重に対応できます。軌道の延長線が軸受軸の同じ点で交わるため、動作中、単列円すいころ軸受の摩擦トルクは低くなります。 


単列円すいころ軸受の特徴 

  • 分離可能で、内輪と外輪の両方が先細のレースウェイを所有しています。組み立て、分解、検査、およびメンテナンスをより簡単かつ迅速に実現できます。

  • より低い摩擦、最適化されたローラー設計、および滑らかなリブは、摩擦を減らす潤滑膜の層を形成します。 

  • 騒音レベルが低いほど、摩擦が低くなり、騒音レベルが低くなります。 

  • 動作の信頼性を向上させます

  • 交換可能、分離可能な部品は交換可能


単列円すいころ軸受の応用 

ツーリングマシン、減速機、自動車、農業、鉱業、鉄鋼& 金属プロセス、プラスチック機械など。


IF YOU HAVE MORE QUESTIONS,WRITE TO US
Just tell us your requirements, we can do more than you can imagine.
名前
Eメール
コンテンツ

お問い合わせを送ってください